トップ > 疾患と治療 > FESS全内視鏡下椎間板切除術(Full Endoscopic Spinal Surgery)

疾患と治療

ふぇす ぜんないしきょうしたついかんばんせつじょじゅつ

FESS全内視鏡下椎間板切除術(Full Endoscopic Spinal Surgery)

近年欧州とアジアで広く普及している術式で、日本でもいくつかの施設で施行されています。慶應義塾大学の土方先生が考案された経皮的椎間板摘出術を基にして改良・開発された方法です。約7-8mmの切開での原則的に局所麻酔下での内視鏡手術になります。対象となる疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などです。原則、手術後より起立・歩行を開始する日帰り手術となります(施設によっては3-7日程度の入院)。また手術後は軟らかいコルセットを装着します。

脊椎内視鏡機器

局所麻酔          内視鏡を設置するための筒を設置します。

内視鏡で椎間板ヘルニアを確認します。

神経を避けながら、ヘルニア(矢印)を摘出します。

手術前の黒く映るヘルニア(左:白矢印)が手術後(右:白矢印)完全に摘出されています。

topへ戻る